1896年にコンラッド・ビルケンシュトックがフランクフルトに2軒の靴店を開店させると同時に靴に装着するフットベッド(アインラーゲン)の生産が開始されました。そのフットベッドをもとにカール・ビルケンシュトックが1963年に矯正機能を持つマドリッドを完成させました。このサンダルは、足裏のエクササイズを目的に開発された究極にシンプルなデザインで現在でも定番としてラインナップされています。フットウェアは、モデルバリエーションが少しずつ増え、サンダル、クロッグ、シューズタイプなど現在では70種類以上のモデルがドイツ国内で生産されています。各モデルには、世界の都市名が付けられ、「年齢や性別、人種や国境を越えて、すべての人々の健康を願う」という思いが込められています。


BIRKENSTOCK